「ほっ」と。キャンペーン

SakuLa Factory です

sfactory2.exblog.jp

秋の日のレターセット

e0194915_16342740.jpg



秋の日に拾ったかわいいもの達をモチーフに作った新しいレターセット。
秋の夜長、久しぶりにお手紙など書いてみるのもいいですね。



e0194915_16372923.jpg










[PR]
# by sakulafactory2 | 2014-10-06 16:38 | 新しい作品

桑の和紙づくり〜加工編

e0194915_141526.jpg



先月8日に行った、川岸公民館での桑の和紙つくり。こちら
先週は、乾燥させ出来上がった和紙を、加工する時間がありました。

厚く漉けたものははがき用に。薄く漉けたものは箸袋に。その中間くらいの厚さのものは
オーナメントに。と、紙の厚さに合わせ、3種類くらい提案させていただきました。



e0194915_1493069.jpg


オーナメントは、図案や色が固定でしたから、あまりオリジナリティは出せないかと思っていましたが、出来上がってみると、どれ一つと同じものがない出来上がり。
それぞれ違った個性のオーナメントが出来上がりました。



e0194915_14112373.jpg


家の図案には、屋号が入ったものもありました。楽しい^^



e0194915_141128100.jpg


一番人気は箸袋作り。
「私の今日の一番はこれ!」と言って、とっても満足して眺めているお姿も。
折り紙の色の組合せと、ほんの少しのカットで様子が変わる飾りの切り紙もお楽しみいただけたようです。


e0194915_14135964.jpg



楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。
そのような充実した時間を共に過ごせること、深謝です。









[PR]
# by sakulafactory2 | 2014-10-03 14:22 | 紙漉きワークショップ

手漉き紙のオーダー

e0194915_13295062.jpg



アートセラピーにお使いになるということで、
手漉き紙のオーダーをいただき、作らせていただきました。

真っ白なところに、カラフルな毛糸を細かく切ったものを混ぜてあります。
ちょんちょんと、少し色味があるだけで、とっても楽しげな紙ができました。
漉いている間も楽しかったです。
サイズは、A4に近い大きさです。



e0194915_13334876.jpg



オーダーを下さったのは、
安曇野のアートセラピスト&ステンドグラス作家Mauaさん。
11月の安曇野スタイルで、アートセラピーを受けたり、作品を購入したり
できそうですよ。
その他にも、Mauaさんの情報はこちらからどうぞ。



工場での大量生産にはない、オリジナルの手漉き紙。
オーダー承ります☆★☆













[PR]
# by sakulafactory2 | 2014-10-01 13:39 | sakulafactory2014

藍染め体験

e0194915_9445732.jpg



初めての藍染め体験。
辰野町は小野にある、鶯舘という古民家ギャラリーでの
「藍染めを楽しむ会」に参加してきました。



e0194915_9464062.jpg


緑色の藍の葉から作った染料。
一番初めにこの色を見つけた人は、どうやって見つけたのでしょう。



e0194915_948050.jpg


染料の中に布をいれ、もみながら染めていきます。
はじめは緑色をしていますが、お日様の光に当て、染料を洗い流すと、
鮮やかなブルーに変化します。
濃いブルーにしたい場合は、この行程を何度か繰り返します。



e0194915_950333.jpg


初めてだったので、模様をどう入れたらいいのか分からず、
とにかく染めてみた感じですが…
出来上がったスカーフは、くるくると巻くといい感じになるので、満足。

自然からの染色は、時間の流れもゆっくりと感じられ、
ゆったりと贅沢な時を過ごすことができました。





[PR]
# by sakulafactory2 | 2014-09-15 09:53 | 私的日常

桑の和紙づくり

e0194915_15145640.jpg



岡谷・川岸公民館で行われたご婦人方の学習会で、先週、この土地にゆかりのある桑を使った紙作りを行ってきました。
昨年は、牛乳パックパルプでの紙漉を体験していただきましたが、今年は本格的な和紙作りです。



e0194915_15203650.jpg


桑の木の皮をはがして、外側の皮をむいたものを、時間をかけて煮ます。
そしてその繊維を叩いてつぶし、それを漉きます。


e0194915_15225075.jpgこちらが、8時間近く煮た繊維。


e0194915_15233681.jpg



叩く作業も、漉く場面も、和気あいあい楽しく、おしゃべりも織りませながら、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
こうしてみると、とても地味に見えるかと思いますが、みなさん夢中になって取り組んでいらっしゃいました。とても楽しんでいただけたようです。

乾燥させ、どんな紙が出来上がるのかとても楽しみ。
次回はその紙を使った加工品を作る予定です。



[PR]
# by sakulafactory2 | 2014-09-08 15:28 | 紙漉きワークショップ